サムネイル

七大戦

2014年7月10日

はじめまして^o^

現在東京大学運動会庭球部にて男子部主務を務めています、角田匠吾です^o^

わたしが角田だ。

わたしが角田だ。

カクタじゃないです。ツノダです。

でもカクタって呼んだ人にも快く返事はしますよ^o^

でもその後のそっけない態度は覚悟してくださいね^o^

 

こんなひねくれ者の私ですが、年間を通して最も楽しみにしているイベントがあります。

それは、

 

全国七大学総合体育大会(通称七大戦)

 

です。

七大戦というのは、

旧七帝大(北海道・東北・東京・名古屋・京都・大阪・九州)が毎年持ち回りで主催(今年は京都大学)し、旧七帝大の頂点を競う大会です。

一年に一度の「お祭り」ですね。

 

そこで今回われらが東京大学男子部は、

 

優勝

 

しました!

 
優勝だ!

優勝だ!

 
優勝に向けて応援わず

優勝に向けて応援わず

 

皆良い表情ですね!

そこで!

今回は優勝を記念して私が厳選した、

七大戦名場面ベスト5

を発表します。

    第五位「良い表情撮れたよ!」  
わたしが後藤さんです

わたしが後藤さんです

東京大学男子庭球部を背負って戦う後藤優太。

これは良い写真ですね。

普段なかなか見せない後藤の良い表情を、僕は持ち前のカメラセンスでこれだけ引き出すことが出来ます。

 
しゃあっ

しゃあっ

ほら。

 
しゃあっ!

しゃあっ!

 

ほら。

 
そしてどや顔ー!

そしてどや顔ー!

 

ほら。まあ最後のは恐らく素の表情ではないですが( ̄ー ̄)

皆が撮る写真にこんな後藤いますか?いないでしょう。後藤の良い写真が欲しい方、ご連絡ください( ̄▽ ̄)

    第四位「どうした湯浅」  
どれが湯浅かな?

どれが湯浅かな?

 

少しズームしてみましょう。

 
おれがゆあさだー!!

おれがゆあさだー!!

   

…どうした湯浅。

…どうした湯浅。

こんな湯浅は今回も大活躍です。

 
名古屋大学との勝負を決定づけた湯浅(寄りかかってる)

名古屋大学との勝負を決定づけた湯浅(寄りかかってる)

 

激闘を物語るこの1枚。

    第三位「ごめんなさい関口」  
そりゃドン引きしますわ

そりゃドン引きしますわ

   

レセプションで一際目を引いた関口礼都。

京大の前主将が明らかに引いています。

七大学の皆の総意を彼の表情が表しているのではないでしょうか。

本当にごめんなさい_| ̄|○

      第二位「時間あったらもっとイケましたよ♡」  
お寿司1500円食べ放題やー

お寿司1500円食べ放題やー

 

皆で回転寿司に行った時の一コマ。

 
もう...食べられません...

もう…食べられません…

 

私は16皿でお腹いっぱい^o^

さて二階にいる可愛い華奢な一年生女子を迎えに行こうかなー^o^

ん?

 
90分じゃ足りないぜ

90分じゃ足りないぜ

 

ん?(後ろにも数枚皿が隠れております。)

可愛い後輩達ですね( ̄ー ̄)

    第一位「七大戦を何だと思ってやがる」    
千葉・鵜木とその他のみなさん

千葉・鵜木とその他の愉快な三年生のみなさん

 

栄えある第一位は本人からのご指摘に基づいて削除させていただきました。

お詫び申し上げます。

 
本当に...すみませんでした...

ですから彼女のご指摘を、ブログ読者の皆さまのご指摘と受け止めデーーヒィッフウ!! ア゛ーハーア゛ァッハアァーー! ッグ、ッグ、ア゛ーア゛ァアァアァ。ご指摘と受け止めて! ア゛ーア゛ーッハア゛ーーン! ご指摘と、受け止めて! 1人の大人として部員として! 折り合いを付けましょうと! そういう意味合いで、自分としては、「何で、事実に基づいてキッチリブログにしてんのに、何で自分を曲げないといかんのや」と思いながらも!

   

さて( ̄ー ̄)

本当にこの4日間は大学生活で最も楽しいひと時でした。

今回は七大戦前に東大はほとんどの大学と対抗戦を行えて仲良くなることが出来たので、

東大が七大戦を一層盛り上げられたのではないかなと思います。

   
七大学の四年生のみなさん

七大学の四年生のみなさん

   

そして後輩の皆に楽しい七大戦の思い出が残ったのであれば私は満足です。

これからも七大学協力してもっともっと盛り上がった大会にしてほしいなと思います。

最後に今回のベストショット。

 
イケメンかよ

イケメンかよ

   

   

主将のガッツポーズには重みがあります。

さてちゃんと最後に主将を立てちゃう出来る主務っぷりを見せたところで撤収!

引退まであとわずかですなあ。。。

      
Please Share with friends...
Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

Leave a comment

コメントはお気軽にどうぞ。