inui

新しい代に向けて-犬井遼-

2018年10月17日

こんにちは。庭球部三年の犬井と申します。

つい先日新しい代が始動した訳なのですが、僕はこのタイミングで庭球部を抜けることを決心致しました。
副将という立場にありながらこのような決断を行なうのは非常に無責任で、部員・チーム全体に大変な迷惑をかけてしまったと感じております。
しかし、残り少ない大学生活のなかで自分のやりたいことを優先することにしました。本当に申し訳ありません。

そのような状況のなか、最後にブログを書く機会を頂いたので、勝手ながら自分の思いを述べさせてもらいます。

今までチームの主力を張ってきた多くの4年生の方々が引退し、今年のチームは去年と比べてもリーグ戦などの経験のある選手が少ないチームとなっています。その一方で、他の代と比べてもかなり人数の多かった4年生が抜けたことで人数が例年よりも少なくなり、その分チームとしてまとまりのある印象があります。今の庭球部は変化の時期にあり、この代は特に庭球部の未来につながる“変革”をしていこうという気持ちを強く抱いています。主将・主務を中心に幹部である三年生は部としてよりよい結果を残すために日々励んでおりますので、そこに後輩たちがついていってチーム一丸となって前に進んでいくことを願っています。

退部する身ではあるのですが、最後に、二年半共に過ごしてきた三年生の仲間に向けて一言ずつエールを伝えさせてください。

ななえ:

時には幹部の間で議論がヒートアップするようなこともあるだろうけど、そんな時でも冷静さを失わずに場を収めてくれるのはななえしかいない!体には気を付けてテニスに打ち込んでね。これからも庭球部のみんなを癒してあげてください。笑

野中:

今まで以上にエースとして周りの女子部員を強くしていくことが求められると思う。自分の思い通りにならないこともあるに違いないけれど、プレー・メンタルで女子部全体を引っ張っていってください、野中ならできる!

鎌田:

この二年間で本当にうまくなったね!これからも忙しいと思うけど、貪欲に練習してレギュラー目指して頑張ってね。来年の七大・リーグ戦で鎌田が活躍する姿が見られることを期待しています。

江良:

主将になることが決まってから、江良が今まで以上に頑張っていたことは伝わってきたよ。でも、主将が周りから求められることは本当に大きくて今年の女子部がどうなるのかは江良次第だといっても過言ではないと思う。今後覚悟をもってチームを高みに導いてあげてください。(偉そうにごめん笑、めっちゃ応援してます)

玉川:

部の雰囲気を和ませてくれる玉ちゃん、今後はイレギュラーをまとめるうえで欠かせない存在になると思う。おれが今まで一番フリコしてきたのは玉ちゃんだと思う、本当にありがとう!玉ちゃんがフリコをすることで周りのやる気も上がると思うからこれからも沢山フリコをしてランクを上げていってね!

横田:

会計として、運営へのご意見番として、Kenがいることで今年の庭球部は円滑に進んでいくと思う。そして、Kenがフリコのためにコートにきて、どんどん上セレを申し込んで、ジョコビッチばりの驚異のシコりでランクを上げていってくれることを心から願っています。身長以外のポテンシャルは部内でもずば抜けている気がするので、これからもテニスで強くなろう!

関口:

ここ一年くらいはずっとランクが近かったのに結局一年生トーナメント以来セレクできなかったね、何度も断って申し訳ない。笑 須藤・星合と他の部員の間に入ってを部活を引っ張っていく役目はヒロノブにしかできないと思う。トレーニング係としてトレーニングを頑張るのはもちろんだけど、トレーニングで進化したフットワークをリーグで披露してくれることを期待してます、最後まで応援してる。

伊草:

初めのころからずっとランクが近くて一番一緒に練習したのは間違いなくイグ。一年生の秋にBC対抗戦で戦ったあの試合よりも印象に残っている試合はありません笑 あとおまえとのダブルスは楽しかった、ありがとう。元ペアとして、イグが七大・リーグ戦で躍動してくれることを期待して応援してます!最上級生としてチームを主導して後輩を指導していく自覚をもってこれからもファイト!

星合:

この二年半で一番うまくなったのは星合だと思う。テニスに打ち込むその姿勢を続けていれば自ずと周りもついてくるよ!初めはただのキチガイにしか思えなかった星合だけど、いまは誰よりも主務にふさわしいと感じます。笑 主務としての一年間は激務であると思うけど、その部活・テニスに対する愛情を力に変えていってくれ!本当に無責任だけど、今後のさらなる進歩に期待してます。

須藤:

今いるメンバーで去年の七大戦・リーグ戦を経験しているのは須藤だけだから、おまえにかかるプレッシャーは計り知れないと思う。主将として、チームの運営のあらゆるところに顔を出している須藤だけど、無理をしすぎずに時には同期を頼ってあげてください笑 須藤が今後の庭球部のことをものすごく真剣に考えていることはみんなに伝わっているはずだから、須藤も周りを信じてチームをまとめていくよう頑張って!あと腰の痛みを悪化させないように気をつけてね。応援してます。

改めて、今年のチームはここ数年よりもコンパクトな分、一人一人の行動や心持ちがチーム全体に大きく影響することになると思います。部員一人の意識の持ち方でチームの雰囲気やまとまりが良くも悪くもなるということです。今後、各々が“自分が部活をよりよく変えてやるんだ”という自覚をもって部活に取り組んでいってもらえたらなと思います。

長文失礼致しました。以上です。失礼します。

犬井

Please Share with friends...
Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

Leave a comment

コメントはお気軽にどうぞ。