c3f00a2a2b20af392da0b4dc4cafb0d59_36344541_190331_0006

新入生へ 〜西野耀平〜

2019年3月30日

こんにちは! 東京大学庭球部3年の西野耀平です。

今回は新入生の皆さんに僕が庭球部に入った理由、庭球部の魅力をお伝えしたいと思います。このブログが、サークルと部活で迷っている人や大学からテニスを始めてみたい人の手助けになると幸いです。

まず僕は大学に入るまで、本当の部活というものを知りませんでした。中高の部活はとてもゆるーい雰囲気だったので、毎日テニスクラブに通って練習しつつ、たまに助っ人のような感じで部活に行く、という生活でした。

大学の部活が、高校までの部活の延長戦上にあると考えていた僕は、正直自分なら簡単にレギュラーになれるだろうと思っていました。

でもそれは間違いでした。

舐めた気持ちで入部した僕は、はじめての対抗戦で先輩が見せるプレーに圧倒されました。

『これほんまに東大生か!?』

と。何から何までレベルが違いすぎる…

常に全力プレー、妥協は一切しない先輩の姿に憧れ、僕は庭球部という部活が大好きになりました。

そんな僕も今年の代からエースを任されるようになりました。みんなから応援されて、部を代表して戦うのは高校の時には無かったことで、最初は面食らいましたが、一年生の時に憧れた先輩の姿に近づき、超えるべく日々練習に取り組んでいます。

もちろん、エースのポジションは楽ではありません。部の顔として、大学を背負っているというのは時に悩ましく、情けないプレーをすると泣きそうにもなります。 でも、言い訳の効かない勝負の世界で、自分がどこまで行けるのか。それを試すのにエースというのは最高のポジションだと思います。

さて。

新入生の皆さん。僕と一緒に「本気」でテニスしませんか?

東大庭球部にはここにしかない魅力があります。いくつかあげると、

①環境の充実 大学から与えられた専用のコート、ナイター設備でいつでも練習ができます。ボールも沢山あるのでサーブ打ち放題です。笑 また、経験豊富なコーチ、OBさんに教わることができます。

IMG_1526

引退後も指導してくださった前主将と。

②東大生に合った練習体制 練習はレベル別に少人数で組まれ、勉強で忙しい東大生も、限られた時間の中でみっちり取り組めます。レギュラー争いは熾烈で、少しでも油断するとすぐにランクが落ちます。笑

③人間関係 何より、部員同士、特に同期との絆がとても深いです。 勝負にこだわる部活である以上、苦しいこともたくさんありますが、そんな経験を共にした仲間は、間違いなく一生の友であり続けるでしょう。 厳しい上下関係や、規則を守る大切さなどを学べるのも部活ならではと言えます。

IMG_1527

他にも沢山あります。部員に聞けばアホほど出てくるでしょう。気軽に声かけてください。笑

大学の4年間は、自分の好きなことに全力で打ち込める最後のチャンスです!

皆さん、僕たちと一緒に熱い部活ライフを送りましょう!!

Please Share with friends...
Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

Leave a comment

コメントはお気軽にどうぞ。