図1

主将としての最後の務め

2019年8月28日

こんにちは、庭球部4年の江良です。

このブログを書くのも3回目となりました。割とたくさん書いているほうだと思いますが、みなさん私のことを覚えているでしょうか…?

もし忘れている人は去年の七大戦のブログか今年の新歓のブログを読んでください。笑

さて、ついにリーグ戦が始まる時期となりました!

リーグ戦(関東大学テニスリーグ)というのは、女子はダブルス2本、シングルス5本で行う団体戦のことです。私たち東大庭球部女子部は現在5部中5部に所属しています。1年のうちで1番大きな大会で、4年生にとっては最後の試合となります。

最近は「リーグ戦が始まると、もう夏休み終わったって感じだよね~。」なんて後輩と話しています。世の大学生はまだあと1か月ほど夏休みがあるというのに。

ここまで振り返ると、本当に5月の京大戦、7月の七大戦からあっという間でした。

「もうあとちょっとしか部活できないんだ~。」なんて漏らすと、後輩たちから「そんなこと言わないでください!」と言われます。なんて可愛い後輩なんでしょう。

そうは言っても、引退の時期は迫ってくるわけで。いろんな出来事に「最後」という言葉がついてきます。最後の北大戦、最後の東北大戦、最後の国公立大会、最後の個人戦、最後の七大戦、最後の合宿、そして最後のリーグ。

図2

最後の七大戦で優勝!わーい

いろんなことが終わっていく中で、「主将として最後の務めって何だろう。」と考えることが多くなりました。

昨年の10月に一つ上の代から私たち4人の代へと代替わりし、それと同時に主将を務めることになりました。とにかく最初は目の前のことにいっぱいいっぱいで、自分の練習をして、全体の練習メニューをどうするか、他の部員をどう見ていくかやこれからの部活をどうしていくかを考える(のと少し勉強する)だけで一日が終わっていました。

そのため、正直「主将としての最初の仕事」はなんだったか覚えていません。まあ、多分OBさんやOGさんの前で「主将を務めることになりました。」と言ったのが最初の仕事でしょう。その言葉が今後は「主将を務めておりました」に変わると思うとかなりエモいですね。

さて、話を戻しましょう。「主将としての最後の務め」。

一体何なのか、と考えると結局はリーグ戦を最後まで戦い抜くことかな、と思います。ちょっとありきたりな答えになってしまいましたが…

私はこの一年、本当に諸先輩方、部員たちに助けられて主将を務められたと思っています。プレーでも部活運営の面でも頼りなくて、自分でも不安でこのままで合っているのかと思うときも多くありました。なんならこの一年のうち9割くらいはそう思っていたかもしれません。笑

でも、そのときに支えてくれたのはOBさん、OGさんや後輩、同期たちでした。

OB・OGさんはテニス部支援やコーチの面で大変お世話になりました。特に今年女子部コーチを務めていただいた方には、対抗戦やマッチ練でベンチコーチに入っていただくことも多く、うまくいかずに落ち込んでいたときにも的確にアドバイスしてくださいました。普段の練習でもたくさん支えていただきました。

後輩たちは、こんな私でも主将として頼ってくれて、とても嬉しかったです。ただ、日頃の感謝を直接伝えるのはとても恥ずかしいのでここで各学年に伝えておきます。笑

1年生は5月入部以来、新しく覚える事だらけ(部活だけでなく、勉強面でも)で本当に大変だったと思います。でも、5人でキラキラ笑って仲良くフリコしている姿をみると癒されたし、自分もまだ頑張れるなと思えました。そのキラキラ、最後まで失わないで!

図3

私が1年生のときにはなかったキラキラ

2年生はふたりという少人数ですが今やふたりともしっかりとした庭球部部員になったと思います。これからは部活を支える中間学年として頼れる部員になってほしいものです。先輩たちに甘えてるばかりじゃダメだぞ!

図4

にょきっ

3年生はこの一年で一番成長した学年だと思います。私もたくさん頼りました、ごめんね。その成長を自信にしてこれからも部活に励んでください。上級生として、どっしり構えていてください。

図5

ラケットをふりかざすこころ、ばっちりカメラ目線のいずみん、笑っているえびちゃん

そして、同期の4年生。私が主将をここまでやってこれたのは、まず第一に同期3人が支えてくれたからだと思います。テニス面で、部活運営面で、メンタル面で支えてくれてありがとう。リーグ戦最後までみんなで戦い抜こうね!あと旅行は絶対行こう!ごはんも!

図6

京大戦後、勝利のばんざーい

人生や生き方に正解はないとはよく言うことですが、私は正解がないというよりは正解がたくさんあるのだと思っています。だから、私が主将になったこともひとつの正解だととらえるようにしています。

そして、主将としての最後の務めのひとつの正解は、私にとっては「最後まで戦い抜くこと」です。主将として部員の思いを背負い、どんな不利な状況でも、ボールが2バウンドするまでは諦めずコートを走りまわってプレーします!

最後、みんなにかっこいい背中を見せて笑顔で終わりたいな、笑顔で後輩にバトンタッチしたいなと思います。

部員14人、笑顔で最後まで走り抜けよう!

図7

女子部は28日に行われました予選トーナメントに勝利し、決勝トーナメント進出が決定いたしました。決勝トーナメント1回戦は9月6日となります。詳細はまた追ってお知らせいたしますので、ご確認ください。

応援よろしくお願いいたします。

Please Share with friends...
Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

Leave a comment

コメントはお気軽にどうぞ。