IMG_6389

引退のことば-江良水晶-

2019年10月25日

こんにちは。庭球部女子部前主将の江良です。 先日、私の3年半の部活動が終わりました。

とはいえ、引退してもう1か月経っているので色々ともう頭からすっぽぬけていることもあるのですが… このブログでは引退式まで終えた私の部活への思いを書かせていただこうと思います。

引退式を終えてから、私は一回もテニスをしていないし、運動すらしていない、早起きもしていないです。

部活によって決められていた時間にすることは何もなくなり、正直やることもなくぼーっとする時間が続いていました。(最近はさすがに卒論がやばすぎてひたすら学科控室で論文を読むようにしています) 早起きして朝練に行って、テニスして、トレーニングして、授業受けて…といった生活をしていたと思うと過去の自分を尊敬します。えらい。

また、テニスコートや部室にもいかないので部員に会う機会も全くなくなりました。先日、用事があってコートに行ったときは、後輩たちがテニスしている様子をみてなんだか懐かしくなりました。

部活を終えて、自分は本当に多くの人に恵まれていたと感じましたし、そういった人たちの支えによって部活生活を終えられたのだと思いました。

コーチ、OBOGの皆様には本当にお世話になりました。お会いするたびに「最近どう?」「次の試合に向けてどんな感じ?」などお声がけをしていただくことも自分の気を引き締めるひとつのきっかけでした。少し悩みを相談すると、それに対してアドバイスをいただき、実際部活の運営の中で役に立ちました。

さらに練習に参加していただくこともあり、私だけでなく全部員にとって良い刺激になったと思います。また、リーグ戦だけでなく定期対抗戦、通常の対抗戦にもhome・away問わずたくさん応援に来ていただき感謝申し上げます。

今までお世話になった女子部の先輩方。私が今、こうして部活を引退という形で終えられたのはまず先輩方がいらっしゃったからです。同期4人で、幹部になったときに「自分たちが1年生のときの4年生みたいになれたらいいね」と話していたことを覚えています。

3個上の先輩だけでなく、2個上・1個上の先輩方からも多くのことを学びました。部活を引っ張るとはどういうことか、背中でみせるとはどういうことか、部活に真摯に取り組むとはどういうことかを先輩方から学びました。OG会、リーグ壮行会等でもたくさん声をかけていただき、励みになりました。現役時代から今まで、ありがとうございました。

  IMG_1131 IMG_3137

歴代の先輩方と

後輩たち。

みんなが頑張っている姿が本当にこの部活の魅力だと思います。きっと、今いる部員でそういったところに惹かれて入部した人も少なくないのではないでしょうか。

私もそうやって頑張っているみんなに励まされるシーンが多くありました。それは試合でも、練習でも、トレーニングでも、応援でもそうです。

特に応援ではプレーでどんなヘマをしても、「次は大丈夫!」と声かけをしてくれて、一体その自信はどこから出てくるのやらと思いつつ(笑)でもそんなに言ってくれるならこのまま終われない!と踏ん張れました。

また、私たち4年生を頼ってくれる場面も多く、そんなこともひとつ踏ん張るきっかけになりました。

今までありがとう。

IMG_6919

新主将と新主務、頑張ってね!

同期へ。

3年半、一緒に部活を頑張るメンバーがこの4人で良かった!私が初めてレギュラーとして公式戦に出て勝ったとき、試合で負けたとき、常にそばにいてくれたのは同期でした。

一緒に喜んでくれたり、励ましてくれたり(たまに叱ってくれたり)できたのはやっぱり同期だからこそ。ありがとう!最後の最後に七大戦で優勝できたのも嬉しかった!

IMG_6932

主将としての役目を終えて、本当に自分が主将で良かったのか、まだできることがあったのではないかと考えることも多くありました。

特に自分の引退試合を終えてしばらくはそう感じていましたし、今でもたまに考えます。実際もっとできたことはあったと思います。多分それはこれから一生抱えていくのだと思います。

ただ、これを自分の中だけにためていくのではなく、次の代へつなげていくことがこれからの東大庭球部には必要なのだと思うし、それが自分の役割だと思います。

女子部のみんな、1年間私に、私たち4人についてきてくれてありがとう。これからはOGとして、良い結果を聞くことを楽しみにしています。

人数、多くなったなあ…

Please Share with friends...
Share on Google+0Tweet about this on Twitter0Share on Facebook0

Leave a comment

コメントはお気軽にどうぞ。