出会いと僕らと、時々テニス〜甲慎平~

こんにちは。
東大庭球部2年生の甲慎平と申します。


突然ですが皆さんが異性と出会うのは
どこでしょうか?
同じクラスや職場?はたまた友人の紹介?それともコンパやアプリ?
10人いればそこには10通りの出会い方があると思います。

しかし、大学生である我々の中で取り分け多い出会い方が友達の紹介によるコンパといわゆるマッチングアプリなどを通じて出会う出会い方です。
そして僕はこれらの出会い方に関する好みを根拠にその人のテニスのプレースタイルを推測できるのではないかと思います。
まず出会い方は内向き志向と外向き志向の二つに大別されます。


クラスや職場などの自分の属するコミュニティ内に出会いを求めるのが内向き志向、そしてアプリや合コンなどによって自分の生活領域の外にいる人々との出会いを求めるのが外向き志向です。そしてこの内向き志向と外向き志向はテニスのプレースタイルで言うと前者がシコラーで後者の方がバコラーです。シコラーは同じコミュニティ内(コート内)でひたすらにラリー(日常的やりとり)を重ね粘り強く異性と関係を深めようとします。
一方バコラーは合コンや初対面同士の関係でも臆する事なくアプローチを打ち(質問や飲み会ゲーム)最終的にはボレー(口説き文句)でポイントを取ろう(異性をオトす)とします。


また、バコラーの中でも特殊なプレースタイルなのがアプリの使い手です。
アプリの使い手のほとんどはサーブ&ボレーヤーです。アプリではサーブ(LIKEや高評価)を打ち相手からのリターン(It,s a Mach)を受けて初対面でボレーで決めるというのが一般的なプロセスなのです。また、アプリにおいては現実のサーブとは違い課金によってサーブの威力を高める事もできます(スーパーライクの装備)。


このように見ていくと恋愛にもテニスにも様々なプレースタイルがある事に驚かされます。
また、状況によってさまざまなプレースタイルを使い分ける事が大切な事もわかります。
もし気になる相手が同じコミュニティ内なのであれば焦ってアプリのようなサーブ&ボレーに走ってはダメで粘り強くラリーをしなければいけないのです。僕も恋愛においてもテニスに於いても相手にあわせて幾つかのプレースタイルを使い分けられる柔軟なプレーヤーになりたいと思います。

甲慎平

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です