引退の言葉〜井出菜都香〜

OB・OGの先輩方、平素より多大なるご支援を賜りまして、誠にありがとうございます。
また、現役の間は幾度となく手を差し伸べて頂きまして、大変感謝しております。
申し遅れましたが、前女子部主務で4年の井出菜都香と申します。

ちょうど先週夏関が終わり、これで正式に引退となりました。
つらくてやめたくてとにかく長い3年半だったはずなのに、終わってみれば一瞬で本当に貴重な3年半だと感じています。
こうして無事引退を迎えられたのは、今まで何度も支えてくださった先輩、一緒に頑張ってきてくれた同期、特にこの1年間頼りない幹部代についてきてくれた後輩、庭球部で関わって下さったすべての方々のおかげです。

夏関の負けのあと、引退の言葉を書こうと思い立って既に4日が経ちました。期限を延ばしてもらって、後輩の広報の方々には申し訳ないです。本当にすみません。
色々な案が浮かびましたが、やはりここで書きたいのは周りの方々への感謝に他ならないなと思いました。
各方面へのあいさつのような文章になってしまいますが、お付き合い下さい。

まず、女子部の先輩方。
入部した頃、いつも通学(始発で朝練に間に合わないくらいには家が遠かった)や授業、バイトで疲れ切って部活を続けるだけでも限界だった私たち(同期2人ともですね)のことを常に気にかけ、助けて下さった先輩方には感謝してもしきれません。
私にとって本当に全員が様々な面で尊敬と憧れの対象で、楽しくて大好きな方々です。

テニスに対して本当に熱心でとてもかっこよくて、それなのにオフの間は後輩にたくさん話しかけてくださった、すべての面で永遠の憧れの3つ上の先輩方。
厳しさがそのまま優しさだと感じさせてくれるくらいに部員全員のことをしっかり見てくださっていた、2つ上の先輩方。大切なことをたくさん教えて下さりました。
「2人は同期少ないから私たちのことを同期だと思っていいよ」といつも一番近くで助けて気にかけて仲良くしてくださったお世話になりすぎてしまった1つ上の先輩方。

どんなに辞めたくなっても続けて来られたのは、確実に先輩方の支えがあったからだと考えています。
だからこそ、特にこの1年間は私自身が後輩にとって少しでも助けになれるような存在でありたいと思っていました。

先日の獨協戦では1つ上から3つ上までの先輩が大勢駆けつけてくださりました。
獨協戦でお会いできなかった先輩方からもご連絡を頂いたり、ご飯に誘って頂いたり、目をかけて頂いて、大切にされて、温かく見守られていたことに改めて気がつきました。
本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。

たくさんの先輩方に来ていただきました

次に、女子部の指導にあたって下さっている方々です。
特にOBOGコーチの先輩方には、平日の練習からフリコ、試合の応援の何から何まで面倒を見ていただきました。
自分がOGという立場になった今、当然のように毎週朝練に参加してくださっていた先輩方の偉大さに改めて気が付きます。

東北大戦や京大戦が中止になり、夏関が延期になり、七大戦も中止になり、そして最後はリーグが中止になり、決して笑顔でいられるような1年間ではありませんでした。2ヶ月間活動が休止したり、コートを予約して相手を見つけて名簿を作って申請してせっかく組んだ対抗戦が息をするようにつぶれたり、主務として、幹部として何度もやる気を削がれることもありました。
選手としても対抗戦やセレクの負けが続くときもありました。
そんなとき、必ずコーチの先輩方が話を聞いて寄り添ってくださり、何度も救われました。
恩返しができたとは全く思っていませんが、一生懸命取り組む姿を見せてきたことで少しでもお返しができていたのなら幸いです。

また、いつも明るくてポジティブな水野コーチには試合で負けるたびに励まして頂き、そのたびに前を向くことができました。水野コーチの明るさとエネルギーには本当にいつも驚かされてばかりでした。獨協の引退試合のダブルスでは弱気すぎる私を元気づけてくださり、ありがとうございました。(ファイナルのタイブレークで落としてしまい、すみませんでした…)

水野コーチや近い世代の先輩方に限らず、赤門の先輩方には大変お世話になりました。掲示板挨拶でも少し書きましたが、今年はコロナ禍での幹部代だったことで、OBOGの先輩方など現役部員に限らずたくさんの方々の支えで庭球部が成り立っていることをより強く実感した1年間でした。本当にありがとうございました。

後輩と同期にも色々と書きたいところですが、引退式で色々と話したので、少し短めに。

後輩は、引退後に夏関のために練習に混ぜてもらっていましたが、見るたび強くなっていて本当にすごいです。
1年間決して常に頼りがいがあるわけでもなかったであろう4年生についてきてくれて、時には一緒に悩んで考えてくれて、本当にありがとう。
こんなコロナ禍でも何とか1年間やってこれたのは、後輩の協力があったからです。
ずっと応援してます!本当にありがとう!

同期はそれぞれがそれぞれのベクトルを持っていて、テニスに対する熱量が誰よりあって、なんか本当にすごかったです。
個人的には、女子部の引退試合に全員で来てくれたこと、逆に全員の引退試合を見届けられたのも嬉しかったです。
特に紗貴には本当にお世話になりました。最後の夏関のダブルス、紗貴と組めて本当に良かった、、、!
ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。

少ない

もっと短くまとめるはずだったのに、伝えたい感謝が多すぎて長くなってしまいました。
こんな拙い文章に最後まで目を通して頂けた方がもしいらっしゃいましたら、本当にありがとうございます。

庭球部での生活を振り返って言えることは、庭球部での経験と出会いが本当に自分にとって貴重であったということだと思います。また、部内外問わず、たくさんの方に支えられた3年半でした。

改めて、関わって下さったすべての方にお礼と感謝を申し上げ、ここで締めさせていただきます。

井出菜都香

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です